土木学会認定技術者の用件

土木学会認定技術者という資格があります。

試験に合格してもすぐに認定技術者になれるわけではありません。

土木学会員であることが条件でした。


ですが、その要件が特別上級技術者のみになったようです。

土木学会認定技術者には、

特別上級技術者
上級技術者
1級技術者
2級技術者

とランクがあります。

最上級の資格である特別技術者以外は、土木学会員である必要でなくなったのです。

これは良いことですね。


ただでさえ受験要件が厳しい資格でしたので、すこしハードルを下げたのは良かったと思います。
posted by 土木太朗 | 土木系の資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

建設技術どっとこむ☆土留め

以前、次回は土留めについて書きますといったっきり、何も書いていませんでした。


反省です。


早速土留めについて書きます。


土留めとは「ドドメ」と呼びます。
文字通り土を留めるもののことです。


一般的には鋼材を使用しています。


規定では、○m以上の深さの掘削を行う場合には土留めを設置しなさいと決まっています。

(上記○部分は工事によって違います。)


土留めが倒れてしまうと工事現場では作業者が生き埋めになってしまいます。
実際に生き埋めになってしまった事例があります。


ですので、土留めを設置する図面を作成する前に、計算をします。
その計算とは、土留めを打つ場合にどれくらいの深さまで打ち込めばよいのか等です。


計算には土の種類、掘削深さ等が必要となります。


非常に大事な作業です。


記憶術”日本一”を勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術
posted by 土木太朗 | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。